これさえ知ればデリヘルが楽しめる!

数量限定無料レポートのご案内

 

デリヘルは安全?

デリヘルに興味があっても、実際に利用するのはちょっと…という人もいるかもしれません。おそらくそのような人が躊躇する理由は、「デリヘルは違法行為なんじゃないのか?」ということではないでしょうか?よく「警視庁24時」的な番組で、デリヘルの店の警察が踏み込む場面を見たことがあるかと思います。この印象が強いので、デリヘル=危ないお店と思ってしまうのかもしれませんね?

 

しかし結論から申し上げますと、デリヘルは決して違法なお店ではありません。デリヘルが関連をする法律として「新風俗営業適正化法」という法律があります。平成11年に施行された法律ですが、この31条の中に所管をしている警察署にきちんと手続きをしておけばいいのです。届け出をしておけば、デリヘルもれっきとした合法的なサービス業なのです。

 

では、なぜうえで紹介をした警視庁24時の一場面のように、警察がデリヘルに乗り込んでくるのでしょうか?実は、新風俗営業適正化法で規定されているような営業許可の申請をしていない「モグリ」の業者が中に入るのです。この業者の摘発をするために、警察が乗り込んでくるわけです。

 

ですから、業者を見るということが重要になります。例えば、合法的な申請を行っている業者であれば、女性との本番行為はNGといってくるはずです。「本番もOK」といっているような業者は、モグリの可能性がほぼ100%といっていいでしょう。そのような業者に引っかからないことです。

スタッフをチェックしよう

モグリの業者を選んでしまうと、警察が踏み込んでくる可能性もあります。全裸のところに警察が踏み込んでくると、何ともいいがたい屈辱を味わいます。ですから、どこのデリヘルを利用するかということが非常に重要になります。

 

新宿のデリヘルを選ぶ際には、電話の応対をチェックするといいでしょう。デリヘル業者も客商売をしています。ですから、客ありきという態度が見える業者は、信用をおくことができるところという風に、とりあえず判断をすることができます。電話だと、声しかきくことができないかもしれません。しかし声の感じって、意外といろいろと相手の感じを読み取ることができるんです。

 

電話の応対だけでも、相手のスタッフが客に対して誠意ある対応をしているかどうか、やる気があるかどうかということが分かってしまいます。ですから、電話で女性を呼ぶときの対応に注目をしましょう。こちらが、新宿デリヘルのシステムについてよくわからないこともあるかもしれません。そのときには、どんどん質問をしてみましょう。丁寧にどのような質問に対しても応じてくれる業者は、優良な可能性が高いでしょう。

 

デリヘルの女性は、自動車であなたのところにやってきます。ということは道路事情によっては、渋滞して到着が遅れる可能性もあります。この時、渋滞は仕方がありませんが予定時刻よりも遅れるときに「少し遅れるかもしれません」と、事情説明をしてくれる業者を選びましょう。中には、何も連絡のない業者もありますが、やはり利用は控えるべきです。

カップルカウンセリング「逆説的処方」について

カップルカウンセリングは、相談者カップルの双方が自分に落ち度がある、直すべき点がある、ということをある程度自覚している状態であれば、かなりの効果を期待できます。しかし、逆にどちらか一方が、カウンセリングなど必要ない、と思っていれば、思うような効果は得られません。

 

もしどちらかがカウンセリングが必要ない、と思い込んでいる場合は、まず一方だけがカウンセリングを受けることになります。

 

この場合、カップルカウンセリングとはなりませんが、しかし、それを狙った手段というものがあります。

 

例えば、カウンセラーはカウンセリングを受けに来ている奥さんのほうに「旦那さんはもっと風俗に行くほうがよい、とカウンセラーが言っていた、と伝えてください」などと言います。普通はそんなことは言いませんし、これはちょっとした「カマかけ」です。しかし、それを聞いた夫が「面白いことを言うカウンセラーだな」とちょっと興味を持ったらしめたものです。

 

その上で、奥さんは夫に、保険金の額を上げる相談をするのです。そして、カウンセラーから「セックスとキスは拒否してください、そしてHIVに気をつけて下さい」と言われたということを伝えるのです。

 

すると、夫は「自分が殺されるのかもしれない」と思い、風俗通いを辞めるかもしれません。もしかしたら、カウンセリングを受けに来るかもしれません。

 

こういうことも、カップルカウンセリングの一種です。「逆説的処方」と言います。

 

おすすめ風俗店

新宿 デリヘル
新宿の人気風俗店「アルカディア」のホームページ。